スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ表示機能強化

ScreenShot_2013_0208_18_48_25.png
昨日作成したメッセージウインドウは、左右に表示されるキャラグラフィックが遠すぎるという問題がありました。
そこでキャラの表示位置を中央部に寄せることにしました。
これならば視線の動きも今までよりずっと楽だと思います。
それにこれならグラフィックを自由に動かすことができます。
飛ぶ跳ねる回るなど様々な動きでキャラクターの感情表現の幅も広がりそうです。
ScreenShot_2013_0208_18_48_27.png
ただ、せっかく構造を変えたのに2キャラだけしか表示できないのでは面白くないので、もっと多くのキャラクターを表示できるようにしました。
キャラクターを挿入する場所を決めるとそこに新しいキャラグラフィックを挿入してくれます。
ScreenShot_2013_0208_18_56_58.png
これを繰り返すことにより最大5人まで表示することが可能です。
メインキャラクターは二人しかいないのに・・・
でもいい経験になりました。
あとイベント制作のためにどうしても欲しかった効果音がやっと準備できました。
最終的には周波数を弄ることで調整しましたが、これでイベントがより面白く演出できたら・・・いいな

拍手を下さりありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。