スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回ウディコン作品プレイ感想記(#010~#012)

今回もウディコンに参加した全作品をプレイしようと考えています。
時間の都合上クリアまでプレイしない場合もあります。
感想等書くのは素人なので人によれば不快感等を与える可能性があります。
また、辛口になる傾向があるのでその点もご容赦ください。
それと各ゲームについている『プレイ時間』の項目は私がその作品をプレイした時間を示しています。

#010 地底Aの財宝
【作者】:Rexed
【ジャンル】:やり込みゲー
【プレイ時間】:1時間
ScreenShot_2012_0731_17_17_20.png
ひたすらダンジョンに潜ってキャラクターを育てるやり込みゲー。
戦闘システムが単純でサクサク進むため、単純作業にはなりますが数値が伸びていくのが楽しめる人なんかには楽しい。
その戦闘システムも攻撃範囲と行動順番の二つがいいアクセントになっており、雑魚戦はサクサク、ボス戦では少し考えられるといいバランスになっています。
特に複数の敵を一度に倒したときの爽快感は無駄に楽しいです。
コンフィグもしっかり作られており、戦闘速度をあげればさらにサクサク感倍増です。
欠点を上げるとすればメニュー画面が使いにくいことでしょうか?
操作の大半が戦闘部分になるのでそれほど苦になりませんでしたが、動かしにくかったのは確かです。
この辺り修正してくれたらより快適にプレイできそうです。
私自身はうっかりはまってしまいました。
『一時間ぐらいでとりあえずやめる』と決めていなかったらそのまま続けていたと思います。
単純作業ややり込みゲーが好きな人にはおすすめの作品でした。

追記、適当な順番でキャラクターを作成したら前面にアーチャーと魔法職、後衛に戦士職という『逆でしょ普通!』という配置になってしまった。配置によっての有利不利はあまりなさそうなのですが、視覚的に問題ありですよね。

#011 アストロラーベ
【作者】:つかみん
【ジャンル】:短編RPG
【プレイ時間】:1時間
ScreenShot_2012_0731_18_43_07.png
自作ドットを使用した短編RPG。
ゲームバランス的にさくさくではなく、装備を揃えてじっくりとプレイするタイプ。
ただ最初から最後の街まで移動できるため、いきなり最後の街で最強装備を揃えたらゲームバランスがちょっと崩壊してしまうのが気になった。
ドットは雰囲気が出ていてそこそこ好みです。
ただシナリオ、というか会話が少々気になった。
それほど私の好みから外れていないとは思うのですが、会話内容が全体的に痛い感じがしました。
なんでなんでしょう?自分でもよくわかりません。
全体として普通のRPGです。ドット絵が好きな人におすすめします。

追記、あの二人の壺と樽に対する執着はなんなんでしょうね。

#012 Wish Spring
【作者】:炉辺いろり
【ジャンル】:短編RPG
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0731_20_52_54.png
雪国を舞台にした王道RPG。
邪魔にならない程度に凝った各種演出がいいですね。
雪が降るのはもちろん、歩いたあとに足跡が残ったり会話時に名前と共にキャラチップが表示されたりと一つ一つは小さいですが、いい感じに作用しています。
ただのこのゲームの特徴を上げるとしたらむしろダンジョンパートでしょうか?
戦闘は基本システムをそのまま使っているようですが、ダンジョンが特殊です。
自動生成、自動配置システムを採用してるっぽいです。
それで何が楽しいのか?と言われれば困ってしまいますが、素直にすごいと思います。
それと連動したレーダーシステムもいいです。
画面の右上に階段と宝箱の位置が表示されるので探索がスマートに進みます。
戦闘バランスはじっくりやるタイプ。
戦闘毎にSPが全回復するのでリソース不足にはなりませんが、回復・攻撃をちゃんと選択しないとあっさり死んでしまいます。
以下はプレイして気になったこと。
一つは命中率と逃走率がかなり低めな事。攻撃どころか魔法も頻繁に外すし、逃げられないのは事故やストレスに繋がりそうです。
あとダンジョンが長いと思います。
戦闘がじっくり挑む必要があるのも影響して、ノーセーブで10階分潜るのは地味にしんどかったです。最初のダンジョンぐらい3~5階でもいいんじゃないかと思いました。
いろいろ言いましたが全体としてゲームバランスは取れているのでじっくり短く王道RPGを楽しみたい人にはおすすめです。

拍手を下さりありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。