スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰かぶりの夜

haikaburi1.jpg
第四回WOLF RPGエディターコンテストに短編ゲームを製作して参加しました。
概要は継母や姉達による意地悪によって舞踏会に参加できなくなったシンデレラが、自称『悪い魔法使い』の手を借りて舞踏会会場への侵入を試みるという潜入アクションです。
プレイの仕方により展開が変わるマルチED方式を採用しており、各所の演出に無駄な力を入れています。
是非プレイしてみてください。

>>灰かぶりの夜紹介ページ

はい、ウディコン作品の紹介も終わったので謝罪に入らせていただきます。
ブログを見て応援してくれていた方々、本当にごめんなさい。
サッカーゲームを出すとか、和風RPGを出すとかいいなが結局完成させることができませんでした。
そちらを期待してくださっていた方がいたなら本当に申し訳ありません。
あとキャラデザまでしてくれたゆるりも本当にごめんなさい!

いつまでも謝っていても仕方がないのでこの『灰かぶりの夜』というゲームがどこから、何故出てきたのかを説明します。
このゲームの原型はおよそ一年半前、第一回ウディタフェスティバルの頃に作られました。
ウディフェスに参加するために作っていたのですが、途中でシナリオがうまく書けなくなりエターなってしまったものだったのです。
余談ですが、その後新しく作り始めたゲームまでエターなり、最終的にドラゴンファンタジーで参加することとなりました。
そして今回作っていた和風RPGもシナリオで行き詰まり、どうしても書けなくなってしまったのです。
このままじゃ間に合わない、どうしようと悩んでいたとき、このゲームの存在を思い出しました。
そして一年半たった今なら書ける気がしてイチかバチか挑戦することにしたのです。
これが二徹の真相です、かなりギリギリのスケジュールとなってしまいました。
追い詰められたときに発揮されたこのパワーには私自身驚きました。
そんな経緯で制作されたのがこの『灰かぶりの夜』です。
ゲームの内容としては和風RPGよりも面白いものになったと思うので、是非楽しくプレイしてください。
あと、ゲームの感想等を報告してくださったら非常に喜びます。

最後に『一晩でタイトル絵描いて』という無茶振りに答えてくれたゆるり、本当にありがとう!

拍手、コメントを下さりありがとうございました。
応援コメントもいくつかいただきましたが、和風RPGを完成させられなくてごめんなさい。
少し置いてみて、完成させられたらちゃんと公開します。
完成させる保証はできませんが……
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。