スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩けるようにしてみた

ScreenShot_2012_0606_15_45_50.png
サッカーゲームにて、実際にキャラクターが動作するように作業を進めました。
とりあえず各選手ごとに方向と動作パターンを記録する機構を作り、待機・移動時にちゃんとキャラチップが動くようにしました。
また、ボールを持っている選手を十字キーで自由に動き回らせれるようにしました。
移動速度は各選手ごとに定められており、ボールを持っているときは持っていない時よりも遅くなる仕様の予定です。
ScreenShot_2012_0606_15_45_59.png
ちなみにまだ移動範囲に限界を決めていないため、簡単にフィールドの外に出られてしまいます。
その辺りも設定しないといけませんね。
あと、まだプレイヤーが操作している選手以外は動きません。
明日はそのあたりを作ってしまいたいです。
ちなみに、フィールドが微妙に色分けされているのは判定の確認用です。
今のところは関係ありませんが、実際に試合をする際にはどのエリアに立っているかが重要になるので正確な座標を算出しておく必要がありました。
確認が終わっているのですからもう消せばいいのですが、それはただ害もないので放置してあるだけです。
ScreenShot_2012_0606_14_33_43.png
あとこれはおまけ。
勢いでキャラチップを二倍にしてみました。
非常に狭く感じます。
このぐらいはっきりしていたほうが見やすいですが、ちっさいのがちょろちょろしているゲームを作りたいという思いもあるのでこのままのサイズで作っていきます。

拍手をくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。