スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の敵再設定

ScreenShot_2012_0525_20_42_23.png
初歩的な雑魚敵のAIができてきたのでデバックワールドを抜けて本編の森ダンジョンにて実装してみました。
雰囲気が大分違ってきています。
蛇はこちらを見つけると蛇行しながらゆっくりと近づいてくるようになり、以前よりリアリティがある気がします。
ノーマルではこちらを発見してからの接近速度が以前より緩やかなので、落ち着いて対処できるゆとりがあり最初のダンジョンの雑魚敵にぴったりな感じです。
蛇行する動きが速度の調整に一役買ってくれており、思わぬ副産物ができました。
でも、ハードになると今までより若干激しいので油断しているといきなり危ないかもしれません。
それでもアクション慣れしている人なら問題なく対処できるレベルでしょうけれど。
それはそれとして蜂と蛇が混在しているエリアが思った以上に鬼門となっています。
蜂が一定の間合いを取りつつ攻撃してくるため接近してくる蛇と一緒に狙うのが困難になっています。
それに攻撃に対処する方法が正反対というのが厄介です。
射撃攻撃は狙いを定められないように動き回っている方が対処しやすいです。
それに対して接近攻撃はあまり動かずに堅実に撃退していくのが一番です。
その二つが同時に出るということは動かないと弾にあたるけど、動いたら敵に突っこむことになるという悪循環に悩まされることになります。
いろいろ考えましたが、この場合スルーが吉ですね。
何も自分が不利な状況で無理に戦う必要はありません。
射撃攻撃は動きまわっていれば滅多に当たらないのですから、接近するタイプの敵にだけ気をつけて突破すればあっさり抜けられます。
こういう駆け引きはトレはんっぽい気がするのでちょうどいいですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。