スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題発生

ScreenShot_2012_0512_20_32_24.png
トレはんにて昨日宣言したとおりウディタのアップデートは行ったのですが、DBを使った改良に失敗しました。
理由は二つ。
一つ目は可変DBの値で直接条件分岐をする際に参照するのにマップ変数の値を使えないこと。
私はデータ管理をマップIDと絡めることで管理しているため、呼びだすためにはマップIDが必要となります。
そのため条件分岐で値を参照できないという問題が発生します。
一度データベースの値を呼び出してから、それを比較すれば同じ処理が可能ですが、処理数を増やすか使うマップ変数を増やす必要があります。
それでは意味がありません、本末転倒です。
もうひとつは行動管理用の変数。
これは動作指定中に変数を書き変えることで柔軟な動きを可能としたのですが、データベースで値を管理したら参照できません。考えてみれば当然ですよね、あほです。
そんなわけで、無理をすればデータベースを使って使用するマップ変数を減らせるが余計に多くの問題を抱えることになるという結論に落ち着きました。
どうせ雑魚AIではほとんど使ってなかったマップ変数なので三つぐらいどうってことないというわけで、このまま改良を加えていきたいと思います。
そんなわけで今日はあまり進展なし、というのも何なのでリタ発見時ににわとりがアクションを取るように改良してみました。
ぴょこんと飛びあがるのがかわいらしいです。

拍手をくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。