スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サツキ裏話

酒場組の小説の執筆があまり進んでいないので、サツキについて少し。
彼女はキャラクターを製作するに当たり、一人だけ特殊な順序で生み出されました。
ゲームシステムが完成に近づいたころ、アルフ以外の人型ボスを作りたいと考え『数』で押してくるボスを考えました。
単体としては単調な動きのボスですが、数が増える度に厄介になる。
そこに射撃攻撃を絡めようと考え、手裏剣で戦う中ボスを作ったのです。
それをどうリタと絡めるか考えた結果『赤毛を追う復讐者』というキャラが出来上がったのです。
最初はその仇役をリタパパにしようと考えていたのですが、酒場組と絡めることを思いつき今の形になりました。
まさかその『赤毛の男』がはげになるとは想像もしていませんでしたが。
そんなわけで、他のキャラクターが『こういう役割のキャラクターが必要』と考えて作っていたのに対して、サツキだけは『出来上がったキャラクターに役割を持たせた』というわけです。
ゲームのボス敵ではよくあることですね。

拍手をくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。