スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇鍋

今日、私は諸事情で闇鍋に参加することになりました。
いつか一回は挑戦したいと思っていたので、非常に楽しみでした(過去形)。
形式は部屋を真っ暗にしてから全員が(参加者4人)一品ずつ投下、蓋をしてから電気をつけて煮立ったら半分ぐらい食べるの繰り返しというものです。
材料の指定は『食べられるもの』となっていました。
DSC_0331.jpg
これが闇になる前の状態の鍋です。
出しは塩味で、材料は白菜・しめじ・もやし・ウインナーとなっています。
かなりヘルシーですが、普通においしかったです。
DSC_0333.jpg
そして第二段階、いきなり黒くなっています。
投入されたのはメントス・ぼんたんあめ・みたらし団子・オレオです。
見事に甘いものばかりです。
その中でもオレオは中途半端に溶けてドロドロになり、そこにメントスとぼんたんあめが混ざってひどい味になっていました。
ただ、それでも普通に食べられる範疇でした。
DSC_0337.jpg
そして第三段階、投入されたのはチョコフレーク・アボカド・10円カツ(駄菓子)・墨汁
……これはないです、ひどいです、ひどすぎます。
食べられるものと指定しているのに墨汁を持ってくる人がいるとは思いませんでした。
それも、二本もどぼどぼとツッコンでくれました。
これはダメだろうというと
『飲んでも身体に害はないから大丈夫、それに注意書きのどこにも「口に含んではいけない」のような書きこみはない』
などとアメリカの裁判じみた主張を始める始末。
結局みんなで食べることになりました。味自体はカツもアボカドも普通においしかったのが悔しかったです。
ただ、墨汁鍋にこれ以上具材をつっこむ気になれずぐだぐだのうちに闇鍋会は終了となりました。

その後、私が鍋に入れるつもりで持ってきていた冷凍タコ焼きを醤油焼きにして食べたら涙が出るほどおいしかったです。
真っ黒じゃないというだけでこんなにおいしく感じるとは思いませんでした。
次やる時は墨汁は絶対禁止にします。せめてイカスミにしてくれたらよかったのに……

拍手を下さりありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。