スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵の練習二十一日目

今日は昨日の絵に身体をつけました。
比較021
キャラの描き分けの練習として、ドラクエⅢ自分の所の武道家を描いてみました。
描いたのは『お嬢様』のさくら。
たくましい『豪傑』と『一匹狼』に挟まれマスコットの地位を爆走している癒し担当です。
そんなわけで『元お嬢様、武道家っぽくない武道家』を目指して描いてみました。
ツインテールを長めにし、目もいつもより大きめにしています。
それと首に巻いているスカーフが大きめになっています。
前に出すのが不安になる、そんな感じにしたつもりです。
次はさくらを仕上げるか、他の二人を描いて描き分けの練習をするか悩み中です。

そしてドラクエⅢ話。
武道家三人パーティだとピラミッドの地下余裕ですね。
星降る腕輪をつけて防御に磨きをかけたきゃみいが全部弾いてくれますし、黄金の爪を手にいれてから脱出するまで使った薬草はたったの一個という無双状態でした。おかげでいい経験値稼ぎになりました。
というかまだレベル10代なのに防御200超えってどんな化け物ですか。
さくらなんて店売り最強クラスの装備でも60ぐらいしかないのに。(ちなみに勇者は100ぐらい)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。