スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボール戦機感想

地道にプレイしていたダンボール戦機をクリアしました。
Level5もカスタムロボも好きな私には合うかなと思って買ったのですが、少し期待していたものとは違いました。
アクションというよりもRPG色の方がはるかに強いです。
武器の種類が多そうに見えて系統の違い以外ほとんどないので少なく感じます。
各部パーツも基本的にそろえて使うのでカスタム性が高いという気もしません。
カスタマイズするというよりシナリオの進行に合わせて装備品を買い変えていくという感じです。古い装備は弱くなるので愛がないと使えません。
カスタムロボというよりもガンダムトゥルーオデッセイ(ガンダムのRPG)の方がはるかに近いです。
プラモクラフトRPGというジャンル名はすごくピッタリだと思います。

でも面白かったです。戦闘も単純そうで戦略を練ったりやタイミングを計ったりと飽きません。
ダンジョンでの遭遇戦だけではなく、街で出会う人全員と戦ってもストレスを感じませんでした。
代わりにレベルを上げ過ぎて少しぬるく感じましたが。
アクションがダメではなくRPGが好きとい人にはオススメです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。