スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終チェック

ウディフェスに参加予定の作品の最終チェック。
誤字等は拾えたはず。りーどみーも問題なし。致命的なバグもないと思う。
ついでに攻略のヒントを作り同封することにしました。
途中で進めなくなってもそれをみればクリアできるはずです。
スポンサーサイト

誤字修正

ウディフェスに参加予定のゲームの誤字修正中です。
Yにテストプレイしてもらいつつ誤字を拾ってもらっています。
バグやデバッグ用のイベントの回収もできて一石二鳥でした。

結局

ウディフェスに参加予定のゲームを変更することになりそうです。
10分程度の短編で、過去に私がツクールで作ったものをウディタに移植したものです。
内容は完成していたので今日はタイトル画面だけ作りました。
なんというか詐欺です。ゲーム内容と微妙に一致している分余計に詐欺な気がします。
このままだすか、内容を修正してみるか現在悩み中です。

完成したら二本だしてもいいのかな?

二つ結び修正

sam_20110225195559.png二つ結び[黒]二つ結び[黒]$二つ結び[白]二つ結び[白]$
昨日作った二つ結びを微修正。ついでに白色verも作りました。
そしてやや短編ゲーム作り挫折気味。持ち直さなければまたエターなるかも。

二つ結び

sam_20110224190535.png二つ結び[黒]二つ結び[黒]$
髪の毛を二本束ねて前に垂らす髪型。正確な名称は知らない。
制作時間は無駄に6時間ぐらい、どれだけ修正しても違和感を感じて仕方なかった。
でも実際に動かしてみるとそれほど気にならないっぽい。
主役級キャラには不安だけどモブキャラなら問題なさそうです。
もっとも私は主役級キャラのために打っていたはずなんですけどね。

巫女服に深い意味はないです。

新しい髪型制作中

sam_20110223204630.png
ヒロインの妹の髪型を少し変えようと挑戦中。
やや失敗したので今日は一度中断することにします。
揺れ方とか、角度による見え方とか、明日にはまた違う考えが出てくると思います。

フォグ実装練習

ScreenShot_2011_0222_16_27_42.png
マップの作成も9割ぐらい終了。そろそろイベント作りに入らないと時期的にまずそう。
今回は遠景とフォッグの同時設定。
山頂なので雲も表示させて見ました。

破壊された村

ScreenShot_2011_0221_19_36_24.png
ちょっと村を壊滅させてみた。
マップ制作をしている途中でふと『破壊マップチップ使いたいな』と思い実践してみました。
画像はその結果、ゲームで使う予定の村を破壊された仕様に改造したものです。
正直できはいまいち、それでもそれっぽく見えるぴぽさんの素材のクオリティがすごいです。

色調設定

ScreenShot_2011_0220_16_17_46.pngScreenShot_2011_0220_16_18_35.pngScreenShot_2011_0220_16_21_01.pngScreenShot_2011_0220_16_22_25.png
イベントを後回しにマップを制作中。
その過程で夜の吊り橋なるものを作ったのですが、画面の色調をどうするかで少々悩み中。
どれも一長一短があり悩みどころ。
色調を変えてないやつは明るすぎるし、一番暗いのはこの月明かりの中では暗すぎると思うから無しだとして残り二つ。
月明かりがこんなにあるのだから2番目のものでもいいと思うけど、三番目の方が夜っぽい気はする。
さらに間を取ればいいのかもしれないけど非常に微妙な所。
他人のゲームをプレイしている時はほとんど気にならないような些細な部分だけど、自分で作っていると気になって仕方ないです。

主人公歩行グラ

kensi.png
ウディフェスに向けて再びゲーム制作開始。
ヒロイン達に続き主人公の歩行グラも作成。
ぴぽさんの素材を使ってマップもぽちぽち作っています。
ちなみに主人公は名前無しの予定。

ちなみに今日Yに言われて初めて気がついたのですがこのブログに出ている宣伝によく『亀の剥製屋』が出ているみたいです。怖い

SO4感想

4日前、念願のPS3を購入しました。
いままで欲しかったけど、きっかけがつかめずに買えなかったのでうれしいです。
悩んだ末に初めてプレイするゲームはスターオーシャン4にしました。
過去作のファンなので(特に2)前からプレイしたいと思っていたのです。
そして今日やっとクリアしました。やっぱり楽しかったです。
相変わらずPAは楽しいですし、シナリオも王道で楽しめました。
ついでにスタオー2の戦闘曲アレンジが流れた時には感動した。
それにPS3すごい。画面もきれいなのに読み込み早い。他のゲームをプレイするのも楽しみです。

ちなみに私がSO4でもっとも感動したのはイベントスキップシステム。
スタートボタンでイベントを飛ばすことができるのですが、要約したものが表示されるので全く困らないという活気的なシステム。
いつか長編RPGを作ったらプロローグでそれをやろうとは考えていましたが(普通に見る、あらすじだけ、飛ばすの三択)、それを全編でやっていたことに感動しました。
アイテムクリエーションは悪くなかったけど、個人的には2(それもプレステ版、素材が回りながら変形していく時の高揚感とか)のが好きすぎるのであまりのめり込めませんでした。ぶっちゃけ素材集めがめんどくさかった。

買う前にいろいろレビューで調べて見たのですが、多かった問題点は
1、キャラクターが人形みたい、女性キャラがひどい
 そういうものだと思えば気にならない。
2、鬱になる主人公がうざい
 『挫折も後悔もない話しが良作なのかな?』と素で思った。このタイプのRPGならありだと思う。
3、戦闘楽しいけど多すぎ
 個人的にはそうは思わない。むしろ多いと感じるけど、不快感を感じるほどではないギリギリのバランスで良くできていると思った。
4、イベントムービー長い
 同意、でも私は困らなかった。
そんなわけで私としては問題なし。スタオー2の時ほどの大ヒットではないけど楽しかった。
もし5が出たら、機種に躊躇せずに買おうと思えるぐらいには。(でもXboxだと買わないかも)

返り血ドレス

[女]ドレス[血1][女]ドレス[血2][女]ドレス[血3][女]ドレス[血4]
返り血を浴びたドレス、四段階作りました。

利用規約について

今更ながらこのブログに載っている素材の利用規約を作りました。
ブログタイトルの下に書いてある通り、利用規約というカテゴリを作りました。

このブログを初めてもう半年になります。
なぜ今更このようなものを作ったのかというと、この前ブログに『ここの素材をお借りしてもよろしいでしょうか?』という質問が来ているのを発見し、作っていなかったこと気がついたからです。
もともとこのブログは自分の監視が目的の大部分であり、毎日どんな些細なことでもいいからブログを更新することでゲーム制作を持続する計画でした。
なのでここまで素材が増えるとは思っていなかったのです。利用規約なんて作って無くて当然です。

私の素材でも十分に需要があるのなら、また一つにまとめたものを公式の素材投稿スレッドに上げて見ようと思います。

利用規約

このブログで公開している素材を使用する際の利用規約です。
制限はほとんどありません、どうぞお使い下さい
(1)ウディタだけではなく他のツールでも使用可、営利・非営利問わず使用可
(2)素材の加工可、またその配布も可
(3)使用する際の製作者記載の義務はありません。ただし、記載・報告していただければ喜びます
(4)素材の二次配布のみ禁止しています(加工したものはOK)
(5)分からなかったらコメントを下さい

バレンタイン仕様

Chocofarl2.pngChicken.pngEdy.png
さくらばさんの『バレンタインに合わせてサンプルゲームをバレンタイン仕様にしよう!』という企画に便乗?して、サンプルゲームの三人をバレンタイン仕様にしてみました。
通称チョコファールさん、バレン・ター、B・D・エディ。
チョコファールさんとバレン・ターは全体的にチョコカラーに、B・D・エディはイメチェンさせました。

ワンピース素材3

ワンピース[桃]ワンピース[赤]ワンピース[青]ワンピース[水]ワンピース[紫]ワンピース[黄]
昨日まで作っていたワンピースのカラーバリエーション。
左から桃・赤・青・水・紫・黄。
今までのを合わせて全10種類です。

ワンピース素材2

ワンピース[白]ワンピース[灰]ワンピース[黒]
昨日作ったワンピースの合成器素材の新色ver。
左から白・灰・黒です。

ワンピース素材

imouto.pngワンピース[緑]
ウディフェスに向けて本格的に短編RPGを制作開始(いまさら)。
今日はマップチップの設定や使うキャラチップを作ったりしてました。
それに登場するかもしれないキャラクターでワンピースの子がいるんですけど、ちょうどいい合成器素材が無かったので作ってみました。

ニワトリと卵

昨晩私の作った『ニワトリゲーム』が卵だと書いたあと考えていたことがあります。
そこから生まれた『トレジャーはんてぃんぐ!』はニワトリなのだろうか?と
たぶん半分違います。ニワトリであり、卵でもあるんです。
卵から生まれた作品はニワトリになると同時に、卵も産み落とすのだと思います。
トレはんが完成したからこそ生まれる次の作品があって、もしかしたらトレはんをプレイした経験を自分のゲーム作りに生かす人がいるかもしれません。
もっと分かりやすく言うとドラクエがあったからこそ生まれたRPGがあって、その作品からまた新しい作品が生まれて、引き継がれ進化している。
誰かの作った作品は別の誰かの心を動かし、また新しい作品を生み出すんだと思います。

私にとっての卵は『シルフェイド見聞録』でした。
当時小学生だった私にとってゲームは(それに限らず小説等あらゆる作品は)自分が楽しむもので、自分で生み出すなどという発想すらありませんでした。
シルフェイド見聞録をプレイした時の衝撃はいまでも忘れられません。
ギャグもノリもセンスも作りもそのすべてが『こんなゲームがあるのか!』と私の中の価値観を作り替えていきました。

いつか私もそんな作品を作りたいです。

開発初期の思い出

ScreenShot_2011_0209_21_11_07.png
諸事情でゲーム制作をする気力がわかず、昔のファイルを少し漁っていました。
するとニワトリゲームなるものを発見したのです。
これは私がウディタで初めて作った作品で、『せっかくだからツクールじゃ難しかったアクションに挑戦しよう!』と考えた私が当たり判定やイベントの動き方などを確認するために作ってみたものです。言ってしまえばウディコン作品の『トレジャーはんてぃんぐ!』の卵です。
無茶苦茶懐かしいです。なんでこんな所に力を入れてるんだってツッコミを入れたくなる場所も・・・・・・だからこそトレはんができたのでしょうけど。
そのほかにもトレはんを作った軌跡がフォルダに残っていました。最初は剣などを使う普通のアクションRPGにするつもりだったのですが『マウス使いてぇ』と思った結果、シナリオまで完全に別物になってしまいました。
主人公になる予定だったルゥごめんね、長編RPG作る事になったらきっと出番あるから(エターなる可能性大)

そんなわけで本題、このゲームをあげてしまおうと思います。
慣れれば10秒と経たずに終わるミニゲームですが、開発初期の初々しさでも楽しんでください。
・・・・・・むっちゃ恥ずかしぃ

>>ニワトリゲームダウンロード

赤い宝箱

宝箱
SNSでの基本素材集作りコミュででた今週の課題の宝箱を打ってみた。
前回48*48でかなり厳しかったので一回り小さい32*32で挑戦してみました。
サイズは32*32、色は30色ほど、制作時間は約1時間。
光源を意識してみましたが上手くいったかどうかは微妙。
最初は『冒険者に無理やり蓋を閉じられ舌を挟んだミミック』を打つつもりでしたが、余計な事を考えず形や影に力を入れることにしました。

・・・・・・ミミックに早口言葉言わせたら舌噛むのかな?

バール

sam_20110207202049.pngバール$バールバール[血]$バール[血]
バールのようなものを持たせる合成器素材。
通常版と血痕付加verを作りました。

家具作り

机椅子2椅子1
脱出ゲーに少し追加しようかなと思い家具を書いてみました。
とりあえずチュートリアル部屋でも作ろうかと考えています。
落ちてる鍵を拾って扉をあけるだけで、必要に応じて解説が表示されるようにしようと思います。(回転方法、装備方法など)
問題は回転を矢印にするか右クリックにするか。脱出ゲーユーザーからすれば矢印で回転の方がいいんでしょうけど⇒クリックも慣れれば悪くないです。
そこで思いついたアイデアが一つ、800*600を使うのも手なのかもしれない。
プレイ画面は640*480で余白にメッセージや道具、向き情報などなどを表示するという。
あくまでもアイデア段階ですが。

cdb改造

長編RPGのために可変データベースを作成、一通り打ちこみ終わりました。
明日からはコモンイベントの作成に入れそうです。

udb打ちこみひと段落

ユーザーデータベースの打ち込みがひと段落つきました。
あとはコモンイベントの作成等に合わせて調整していく予定。
次は可変データベース、一度吹っ飛ばした部分ですが今度は大丈夫なはず。
今気にしているのは320*240にするか640*480にするか。
歩行グラやマップチップは320*240の方が好きなのですが、システム面では640*480を使いたい。
・・・・・・歩行マップグラ拡大かな?

敵AIアイデア

長編RPGに向けて引き続きデータベース打ちこみ。
いい加減敵AI考えないといけないな~と思い作ってみた。
・・・・・・どこのツクールだよ!
でもこれでだいだいAI組める。
余裕があれば味方HP、敵HPに応じて行動が変わるようにもしたらいいかもしれない。
ピンチのキャラに止めをさしたり、回復魔法をかけたり。
行動確率は(1~現在可能な行動の確率の合計の乱数)をだし、行動確率をもう一度足し続け先ほどの乱数以上になった時、その行動をするとかそんなのでいいのかな?
具体的には行動A30%、行動B50%、行動C70%の時1~150で乱数を出し、60だった場合行動Bを行う。



■●敵データ
┃┣名前
┃┣グラフィック
┃┣性別(男・女・両性・不明・秘密など)
┃┣レベル(経験値に影響)
┃┣最大HP(そのまんま)
┃┣最大TP(技能を使う時に必要)
┃┣筋力(物理攻撃力)
┃┣体力(物理防御力)
┃┣魔力(魔法攻撃力)
┃┣精神(魔法防御力)
┃┣回避(攻撃の回避率)
┃┣命中(攻撃の命中率)
┃┣防御(攻撃の防御率、自動防御発動でダメージ半減、基本的に盾や武器で決まる)
┃┣敏捷(ATゲージの溜まり方に影響)
┃┣必殺(クリティカル率、ダメージ倍増・防御半減)
┃┣幸運(いろいろと影響)
┃┣経験値
┃┣お金(基本的に0、一部人型モンスターのみ)
┃┣入手道具
┃┣入手確率
┃┣入手手装備
┃┣入手確率
┃┣入手防具
┃┣入手確率
┃┣敵AI数
┃┗▼敵AI*10
┃ ┣★行動条件
┃ ┃┣常に行動
┃ ┃┣変数
┃ ┃┣ターン数
┃ ┃┣敵の残り人数
┃ ┃┣自分の残りHP
┃ ┃┣自分の残りTP
┃ ┃┗味方平均LV
┃ ┣変数選択・ターン数固定値・敵の数、HP、TP、LV下限
┃ ┣変数値・ターン数間隔・敵の数、HP、TP、LV上限
┃ ┣行動確率
┃ ┗行動
┗●属性・状態異常耐性
 ┣属性枠40個
 ┗状態異常枠40個

ヒロイン?

sam_20110202195909.png
再び長編RPGに向けてポチポチとデータベースを打ちこみました。
脱出ゲーは気が向いたらきれいな形にしてコモンにしたらおもしろいかなとか考えています。
今の状態だととても公開できません。

それとは別に基本システムで短編RPGを作ろうという計画をコソコソと進めています。
ただギャグ路線から思いっきりそれとどんどん変な方向に……
それに登場予定のヒロインのキャラチップを用意してみた。まだこれで確定ではありませんけど。
合成器素材は自作ではなくウロっちさんのところのものを使用しています。

てるてる

teruteru.png
はじめてのウディタSNSで出たお題に挑戦してみました。
基本素材集作成の規格参加者の実力をはかるためのお題で、てるてる坊主の顔グラフィックを書きました。
……泣きたい。やっぱり48×48は無謀だった。
ドットの勉強というより絵の勉強をしないと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。