スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回ウディコン作品プレイ感想記(#016~#018)

今回もウディコンに参加した全作品をプレイしようと考えています。
時間の都合上クリアまでプレイしない場合もあります。
感想等書くのは素人なので人によれば不快感等を与える可能性があります。
また、辛口になる傾向があるのでその点もご容赦ください。
それと各ゲームについている『プレイ時間』の項目は私がその作品をプレイした時間を示しています。
#016 闇遊び
【作者】:異端者
【ジャンル】:鬱で単調なRPG
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0802_06_54_04.png
全体的にホラーっぽい雰囲気のゲーム。
ひたすら全く同じ構造(正方形)のダンジョンを潜り続ける、作者の言うとおり単調なRPG。
シナリオも『勝手をする人間に愛想を尽かして引き籠った女神が、邪魔になったので討伐に向かう』みたいな感じで、決して明るくはありません。
ただその辺りの話が通常のゲーム進行で出てこないのが少し気になります。
作者は「Readmeやホームページをちゃんと読んでプレイするのが普通」といった意見らしく、チュートリアル的なものやイベントなどは(プレイした限り)全くありません。
私としては見る人にも見ない人にも対応して欲しいところですが、これは個人の自由なので別にいいと思います。
ただフリーゲームで説明書を読むことを強要されるのが嫌な人にはとりあえずおすすめしません。
ゲームバランスとしては正直微妙です。
作者曰く、『勝てる敵を見極めて戦え』とのことですが、リソースが限られているので試すのにも限界があります。
倒せるかどうかもはっきりとした指針があるわけではなく、私は逃げ回っているうちに死にました。
というか絶対勝てそうにない敵から3連続で逃走に失敗してフルボッコっていうのは問題ありまくりだと思います。私の運が悪いだけなのだとは思いますが。
その上エンカウント率が高いです。酷い時では3歩に一度のペースで敵が出現します。
戦闘以外にアイテム入手のための暗号ゲームのようなものがあるのですが、解いていてあまり楽しくありませんでした。
解いたところで何か適当な装飾品が手に入るだけだと分かっていてはモチベーションが上がりません。その装飾品を手に入れてところで戦闘に勝てる気もしませんしね。
これなら全く別の暗号ゲームとして作られた方が楽しめた気がします。
総評としては私には合いませんでした。
シビアなゲームが好きな人におすすめしておきます。

#017 ランゲーム(公式)
【作者】:カー・キー
【ジャンル】:逃ゲー
【プレイ時間】:10分
ScreenShot_2012_0802_07_24_20.png
『鬼』から逃げて目的地にたどり着く逃げゲー。
とりあえずBGMを入れたほうがいいのではないかと思った。
ちょっと華がなさすぎます。
ゲーム難易度としては『鬼』がどう動くか運が絡んでくるのが気になった。
直進追尾されたらほぼ逃げ切るのは不可能だし、それで最初からやり直しというのは辛いです。
せっかく一つ目のマップを踏破したのに、もう一度やり直せと言われてやる気をなくしてしまいました。
せめてステージセレクトを付けて一度クリアしたマップは飛ばせるようにして欲しかったです。
それとゲーム内容の説明について若干不親切なのも気になりました。
マップに無意味なものがゴロゴロ転がっている事も有り、ボタンを押さないといけないことになかなか気づけませんでした。
そのボタンもしっかりと乗っかった上でキーを入力しないといけないため、何度か触ったのに『これもオブジェか』とスルーしてしまいました。
おかげで無意味に魔法陣を弄りまくったりしてしまいました。
一応Readmeには書いてありましたが、その辺りもう少し分かりやすくして欲しかったです。

#018 黄泉返し
【作者】:ふじま・いっぺん
【ジャンル】:探索、逃げゲー
【プレイ時間】:1時間
ScreenShot_2012_0802_08_29_15.png
追跡者から逃げながら屋敷を探索するホラーゲーム。
追跡者の柳さんは移動速度もAIもいいバランスで、適度な緊張感があります。
謎解きも難しすぎず単純すぎず、柳さんから逃げつつ探索するのは怖くもあり楽しくもありました。
あの不安感を煽るBGMもいいです。聞いてると心がかき乱されます。
思わずクリアまで一気にプレイしてしまいました。
ただ柳さんの出現頻度が高いのと、マップ移動の瞬間引き返すことで簡単に振り切れるのが少し気になりました。
このせいで後半は『ああ、またか』という作業感が出てしまっていた気がします。
でも探索中に急に現れるとかなりビビるので追跡者としては良くできていたと思う。
探索型ホラーゲームが好きな人には非常にオススメです。

追記、正直目が虚ろな玄関のたぬきが一番怖かったです。

拍手を下さりありがとうございました。
スポンサーサイト

第四回ウディコン作品プレイ感想記(#013~#015)

今回もウディコンに参加した全作品をプレイしようと考えています。
時間の都合上クリアまでプレイしない場合もあります。
感想等書くのは素人なので人によれば不快感等を与える可能性があります。
また、辛口になる傾向があるのでその点もご容赦ください。
それと各ゲームについている『プレイ時間』の項目は私がその作品をプレイした時間を示しています。

#013 Soul Steal~Razlit Saga2
【作者】:Livryl
【ジャンル】:ファンタジー系ARPG
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0801_07_47_17.png
とある冒険によって有名になった剣豪ラズリットが、巻き込まれる形で再び冒険に出るといった内容の王道ARPG。
有名になるきっかけになった冒険については『とある神殿を初めて攻略した剣豪』ぐらいしか情報が出てこないので未プレイでも全く困りません。
シナリオは普通、突出した面白さはありませんが普通に楽しめます。
戦闘は剣と剣魔法を使った近接戦闘がメインのARPG。
Readmeでも書いてあるし、多分某有名ARPGを参考にした作りになっています。
システムの完成度としてはそこそこ高いのですが、ただ一点爽快感があまりないというのがわりと致命的です。
動作が緩慢で攻撃ももっさりしている、敵は固めでスムーズに進めるならある程度レベル上げが必要、でもそのレベル上げが楽しくない。
ボス戦もパターンが少なく隙が大きいので、攻撃を避ける⇒殴る⇒下がるというヒット&アウェイの繰り返しになってしまいます。
その割に長く、単純作業の繰り返しになるのでプレイしていて辛いです。
せめてボス戦ではどこかにボスのHPを表示して欲しいです。
そうすれば攻撃毎にダメージを与えられている実感が湧きますし、倒せるまでの目安が分かれば戦う気力も湧きます。
それだけでボス戦の印象がガラッと変わるはずです。
でもアクションRPGが好きな人なら十分楽しめる作品だと思います。

#014 病原体
【作者】:YADO
【ジャンル】:アクションパズルゲーム
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0801_08_37_33.png
『病原体』に対抗する抗体を『免疫細胞』が生成している間、『防御細胞』と『増殖細胞』を駆使して『免疫細胞』を守るというパズルゲーム。
単純に言うと制限時間の間『免疫細胞』を守りきったら勝ち、ただし『免疫細胞』の数が減ると制限時間が伸びる(抗体生成に時間がかかる)ということです。
パズルゲームというより防衛シミュレーションと言った方が近いと思います。
システムも設定も面白いとは思うのですが、地味です。
『増殖細胞』を使って『防御細胞』を増やして『病原体』を迎撃し続ける、基本的に受けの姿勢になるため爽快感があまりありません。
私はパズルゲームには「解いてる!」とか「消してる!」といった類の達成感や爽快感を求めたい性なので、制限時間の間地味に守り続けるというのはちょっと性に合いません。
なら防衛シミュレーションとして楽しいかと言われても微妙なところです。
シミュレーションにしては出来ることが少なく単調な作業になるため、楽しめません。
もうちょっとプレイヤーを楽しませるシステムが欲しかったところです。

#015 赤瞳
【作者】:すたじお Oma, Huone
【ジャンル】:短編RPG
【プレイ時間】:20分
ScreenShot_2012_0802_00_53_05.png
仕掛けを解きながら各層で待ち受ける『影』を倒し、塔を登ることを目指すRPG。
とりあえずなんで塔に登るのか分かりません。
ゲームを進めたらそのうち分かるのかもしれませんが、始まり方が唐突で少し戸惑いました。
私がプレイしたところまでだとストーリの良し悪しは分かりませんでした。
ただ演出やマップの雰囲気はかなりいいです。
すごくファンタジーな遺跡を探検している気分になります。
そして戦闘ですが、これは基本システムを使って行われていますが雑魚戦闘がありません。
塔で待ち受ける『影』と戦うのみで、要するにボス戦オンリーのようです。
このボス戦闘が目玉なようですが、人を選ぶ類のものだと思います。
敵の特性や行動パターンを把握して、頭を使って倒すというもの。
私はそれほど興味がないタイプなので最初のボスで諦めてしまいました。
というか、最初のボスがいきなり耐久戦というのがちょっと受け入れがたい。
正直戦闘を楽しむことよりもめんどくささが先行してしまいました。
ただRPGの戦闘好きーな人にはおすすめです。

拍手を下さりありがとうございます。

第四回ウディコン作品プレイ感想記(#010~#012)

今回もウディコンに参加した全作品をプレイしようと考えています。
時間の都合上クリアまでプレイしない場合もあります。
感想等書くのは素人なので人によれば不快感等を与える可能性があります。
また、辛口になる傾向があるのでその点もご容赦ください。
それと各ゲームについている『プレイ時間』の項目は私がその作品をプレイした時間を示しています。

#010 地底Aの財宝
【作者】:Rexed
【ジャンル】:やり込みゲー
【プレイ時間】:1時間
ScreenShot_2012_0731_17_17_20.png
ひたすらダンジョンに潜ってキャラクターを育てるやり込みゲー。
戦闘システムが単純でサクサク進むため、単純作業にはなりますが数値が伸びていくのが楽しめる人なんかには楽しい。
その戦闘システムも攻撃範囲と行動順番の二つがいいアクセントになっており、雑魚戦はサクサク、ボス戦では少し考えられるといいバランスになっています。
特に複数の敵を一度に倒したときの爽快感は無駄に楽しいです。
コンフィグもしっかり作られており、戦闘速度をあげればさらにサクサク感倍増です。
欠点を上げるとすればメニュー画面が使いにくいことでしょうか?
操作の大半が戦闘部分になるのでそれほど苦になりませんでしたが、動かしにくかったのは確かです。
この辺り修正してくれたらより快適にプレイできそうです。
私自身はうっかりはまってしまいました。
『一時間ぐらいでとりあえずやめる』と決めていなかったらそのまま続けていたと思います。
単純作業ややり込みゲーが好きな人にはおすすめの作品でした。

追記、適当な順番でキャラクターを作成したら前面にアーチャーと魔法職、後衛に戦士職という『逆でしょ普通!』という配置になってしまった。配置によっての有利不利はあまりなさそうなのですが、視覚的に問題ありですよね。

#011 アストロラーベ
【作者】:つかみん
【ジャンル】:短編RPG
【プレイ時間】:1時間
ScreenShot_2012_0731_18_43_07.png
自作ドットを使用した短編RPG。
ゲームバランス的にさくさくではなく、装備を揃えてじっくりとプレイするタイプ。
ただ最初から最後の街まで移動できるため、いきなり最後の街で最強装備を揃えたらゲームバランスがちょっと崩壊してしまうのが気になった。
ドットは雰囲気が出ていてそこそこ好みです。
ただシナリオ、というか会話が少々気になった。
それほど私の好みから外れていないとは思うのですが、会話内容が全体的に痛い感じがしました。
なんでなんでしょう?自分でもよくわかりません。
全体として普通のRPGです。ドット絵が好きな人におすすめします。

追記、あの二人の壺と樽に対する執着はなんなんでしょうね。

#012 Wish Spring
【作者】:炉辺いろり
【ジャンル】:短編RPG
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0731_20_52_54.png
雪国を舞台にした王道RPG。
邪魔にならない程度に凝った各種演出がいいですね。
雪が降るのはもちろん、歩いたあとに足跡が残ったり会話時に名前と共にキャラチップが表示されたりと一つ一つは小さいですが、いい感じに作用しています。
ただのこのゲームの特徴を上げるとしたらむしろダンジョンパートでしょうか?
戦闘は基本システムをそのまま使っているようですが、ダンジョンが特殊です。
自動生成、自動配置システムを採用してるっぽいです。
それで何が楽しいのか?と言われれば困ってしまいますが、素直にすごいと思います。
それと連動したレーダーシステムもいいです。
画面の右上に階段と宝箱の位置が表示されるので探索がスマートに進みます。
戦闘バランスはじっくりやるタイプ。
戦闘毎にSPが全回復するのでリソース不足にはなりませんが、回復・攻撃をちゃんと選択しないとあっさり死んでしまいます。
以下はプレイして気になったこと。
一つは命中率と逃走率がかなり低めな事。攻撃どころか魔法も頻繁に外すし、逃げられないのは事故やストレスに繋がりそうです。
あとダンジョンが長いと思います。
戦闘がじっくり挑む必要があるのも影響して、ノーセーブで10階分潜るのは地味にしんどかったです。最初のダンジョンぐらい3~5階でもいいんじゃないかと思いました。
いろいろ言いましたが全体としてゲームバランスは取れているのでじっくり短く王道RPGを楽しみたい人にはおすすめです。

拍手を下さりありがとうございました。

第四回ウディコン作品プレイ感想記(#007~#009)

今回もウディコンに参加した全作品をプレイしようと考えています。
時間の都合上クリアまでプレイしない場合もあります。
感想等書くのは素人なので人によれば不快感等を与える可能性があります。
また、辛口になる傾向があるのでその点もご容赦ください。
それと各ゲームについている『プレイ時間』の項目は私がその作品をプレイした時間を示しています。

#007 輪廻転生 Rein Carnation
【作者】:memeso
【ジャンル】:短編RPG
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0730_21_18_51.png
転生を主題に扱った短編王道ファンタジー、かと思ったら騙されました。
スクショやタイトルから剣と魔法の~みたいな世界観をイメージしていたのですが、実際はSFとなっています。
舞台は電脳世界、突然『聖王』に選ばれてしまった主人公が世界を犯すバグと戦うといった感じ。
結局序盤だけのプレイとなったためそれ以上のことはわかりません。
そんなシナリオですが、プレイヤーを置いてけぼりにしている印象が強かったです。
演出や表現などに力を入れているのはわかるのですが、必要な情報が足りていないように感じます。
いきなり『聖王』にされて、バグ潰しに連れ回され、戦争があって気がついたらスラムにいて……
正直何がなんだか分かりません。
もう少しプレイヤーに優しいシナリオにして欲しいです。
それと関連してイベントスキップシステムについて。
多分シナリオに興味がない人のための仕様なのだと思うのですが、全く生かされていません。
特に変わったゲームシステムもなく、かつゲームバランスも中途半端で戦闘を楽しむ類のゲームではありません。
どちらかというとシナリオを楽しむタイプのゲームなのだと思います。
これでシナリオをスキップしたら何が楽しいのか分かりません。
その上、スキップするか否かの選択肢がデフォルトで『はい』に合わせられているため、うっかりしているとシナリオを見たいのにスキップしてしまう事もあります。
私はそれで一度ボス戦闘をやり直す羽目になりました。
結論を言うとシナリオをもっと見やすく分かりやすく、そして操作し易くして欲しかったです。

#008 ヒトガタノカタチ1.5
【作者】:ベルビィ
【ジャンル】:STG
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0731_09_19_50.png
ウディフェス作品の続編、作者曰くストーリー重視のSTG。
実際の比率もアドベンチャーパート>戦闘パートとなっています。
話数形式で話が進行するのですが、中には戦闘パートがない話もあるぐらいです。
イメージとしてはSTGのミニゲームがついたアドベンチャーゲームと考えてもらったほうがしっくりくると思います。
そのアドベンチャーパートは基本的に明るいノリで、設定もちゃんと作られています。
戦闘パートはちょっと中途半端な感じなのが残念です。
敵が固めで散発的なので爽快感は低く、だからといって凝っている訳でもないです。
そのため戦闘パート単品で楽しめるものかと言われれば、私としては否です。
本当に『物語中の戦闘を表現するためのもの』と付属的に考えるべきです。
シナリオを読むのが好きで、かつアクションが苦でない人に勧めます。

#009 Princess Saviour
【作者】:あなす
【ジャンル】:長編RPG
【プレイ時間】:1時間
ScreenShot_2012_0731_09_47_37.png
システム自作の長編RPG。
立ち絵等のグラフィックも綺麗でキャラクターもキャラ立ちしており、シナリオもしっかりしています。
またシステムも凝っており、スキルや装備などのカスタマイズの他、コンフィグもしっかりと作られており、それに合わせたバトルシステムも高LVです。
さらにマップ移動でのジャンプ機能や、エンカウントの調整などマップ散策にも工夫が施されています。
全体的に見て非常に高クオリティに仕上げられています。
その反面、入りにくさが若干気になりました。
システムが多い分、序盤に提供される情報量が多くなります。
正直メッセージウィンドウにギッチリと詰め込まれた説明文を何度も読むのは、RPG戦闘が好きな人じゃないとちょっと辛いです。
ホームページの説明は非常に見やすいので、チュートリアルの見せ方を工夫すればもっと入りやすくなると思います。
そうでないとシステムに馴染む前に投げ出す人が絶対に出ます。
まだ序盤しかプレイしていないためゲームバランスやシナリオ全体の面白さは分かりませんが、序盤で投げ出されたらその全てが無駄になってしまうのでもう一工夫頑張って欲しいです。

第四回ウディコン作品プレイ感想記(#004~#006)

今回もウディコンに参加した全作品をプレイしようと考えています。
時間の都合上クリアまでプレイしない場合もあります。
感想等書くのは素人なので人によれば不快感等を与える可能性があります。
また、辛口になる傾向があるのでその点もご容赦ください。
それと各ゲームについている『プレイ時間』の項目は私がその作品をプレイした時間を示しています。

#004 百万迷宮
【作者】:flamme
【ジャンル】: ダンジョン探索RPG
【プレイ時間】:1時間
ScreenShot_2012_0730_10_50_10.png
ゲームバランスのいい王道なダンジョン探索RPG。
これと言って特出する部分はないものの欠点も少なく全体的に高いクオリティなので安心して遊べます。
雰囲気的には世界樹の迷宮とかが近いと思う。
パッシブスキルの違う仲間キャラクターや持ち込む道具などを選びながら潜るのは非常にワクワクしてきます。
そして『エナジーパック』というシステムがよりゲームバランスを良くしてくれています。
これは戦闘終了後にHP・SPを自動回復してくれるものなのですが上限が定められているのです。
自動回復があるので安心して戦闘できますし、エナジーパックが尽きるのを目安にダンジョンを脱出する区切りにすることができます。
まだ途中までしかプレイしていませんが、ウディコン作品を一通りプレイしたらまた続きからやってみたいと思える作品でした。

追記、主人公の職業、性別、容姿を選べるわけなのですが、この容姿というのが男女共有なんです。
盗賊、男と選択していって普通にツインテ少女が出てきてつい笑ってしまいました。
おかげで男の娘状態です。

#005 TWINGATE
【作者】:ふぇ
【ジャンル】: 擬似3Dダンジョン探索RPG
【プレイ時間】:30分
ScreenShot_2012_0730_11_19_56.png
自由度の高いキャラメイクと成長システムを取り入れたダンジョンRPG、らしい。
容姿、性別、口調、一人称など細かく設定できるキャラクターメイク!
パネルシステムによる幅広い成長!
などが目玉部分なのだと思うのですが、私にはめんどくさく感じられてしまいました。
本来こういった要素は私の好みなのですが、キャラクターの多さがその利点を潰してしまっている気がします。
空欄を見る限り最終的に30人ぐらい出せるようになるっぽいのですが、30人もキャラメイクしてそれを個別に成長させるなんて私にはめんどくさいです。
正直10人でも辛いです、この設定密度なら5~6人ぐらいが私の限界です。
せっかくキャラメイクした以上、一人一人に愛着を持ちたい性なので。
加えて操作性が良くありません。
キーボードを使っているせいもあるのだと思いますが、ただでさえ操作が多くなるのにその一つ一つにストレスを感じるのでは辛すぎます。
このスタイルのゲームなら設定や操作がもっと軽い方が私の好みです。
そんなわけで『私の好み』で言わせてもらうとプレイする気になれません。
ただキャラを作っていろいろ育てるやり込みゲーが好きな人なら十二分に楽しめる作品だとも思います。

#006 灰かぶりの夜
【作者】:りくがめ
【ジャンル】: 潜入アクション
【プレイ時間】:プレイしてね
haikaburi1_20120731065629.jpg
私が制作し参加した作品です。是非プレイしてくださると嬉しいです。
感想を書いていただけるとなお嬉しいです。

拍手をくださりありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。